RSS | ATOM | SEARCH
梅干し
太郎です。

月に1~2回
その代わり、しっかり書く!
という決意で、もりたろブログを書いていこうとした矢先、
後輩の竹内尚文くんから、

「梅干し」

というテーマを与えられました。
なので、今日は梅干しについて書きたいと思います。

梅干し。

僕が人生で最初に梅干しの価値について考えたのは、20数年前です。

国民的長寿漫画「こち亀(略称)」にて、120年前の梅干しが見つかり、
鑑定したら一粒15,000円という価値がついて、梅干しを巡って騒動が巻き起こる…というお話を読んだ時です。

梅干し一粒15,000円!
という驚きと、
100年以上前の梅干しが食べれるのか!
という衝撃がありました。

それまでも、苦手意識はなかったのですが、
梅干しがやけに尊く思えて、
むやみに大切に食べるような癖がついてしまいました。

今はさすがにそんなことはないですけど、20歳くらいまでは尊んでた気がします。

ただ名残なのか、
お弁当のご飯で、梅干しが乗ってて赤くなってる部分。
あそこは未だに聖域のように扱ってしまい、食べるタイミングで悩むことはあります。

また、梅干しではないのですが、
実家には梅の木がありまして、
祖父や母がそれで自家製梅酒を作っておりました。

これが、べらぼうに旨いんです。
ロックかストレートに限ります。
割ったら勿体ない旨さでした。
失恋とか喧嘩とか、青春期の悩みによるやけ酒でもお世話になりましたが、やけ酒は勿体ない美味しさでした。

青春期の甘酸っぱい話もしたいですが、
テーマは梅干しですから酸っぱいでいきましょう。

酸っぱい。
やはり梅干しのアイデンティティは酸っぱいです。

ここでちょっと味覚の話をば。

いきなりですが、
次のうち、一番耐えられないのはどれだと思いますか?

超からい
超あまい
超にがい
超すっぱい

とりあえず思いつくものを挙げてみました。

「超くさい」
も考えたのですが、味覚とはちょっとずれるのと、
即グランプリの可能性を持つサラブレッドなので除外します。

どの味も極限を味わったことはないので、想像で決める部分もあるでしょうが…

僕は量が同じなら
「超からい」が一番耐えられないかと思います。

あまい にがいに関しては、なんとかなるんじゃないかと。
呑み込んじゃえば。
嫌ですけど。

からいは、呑み込んでも喉や胃にダメージがあると思うわけです。
尾籠な話ですが、お通じの際、地獄のごとき苦痛を味わうことにもなるわけで。

だから、一番耐えられないのは超からいじゃないかな、と個人的には思います。

じゃあ酸っぱいはどうか。
僕は、なんか「体にいい感じがする」んですよ。
クエン酸・ビタミンを摂取してるぞ!的な。

疲れた時には、よりすっぱく感じて、
「足りてないものを摂取してるから、体が喜んでる!」
という気持ちになるんです。

あまいものも疲れた体には美味しいですが、
「太るなあ」という罪悪感がちょっとあったり。

すっぱい に太るイメージは、僕にはないです。

よってすっぱい梅干しは、摂取することにあまり戸惑いがないんじゃないかな、と思います。
酸っぱい系の代名詞・レモンに至っては、唐揚げとか脂っこいものに搾ればさっぱりして、揚げ物を食べる罪悪感を和らげてくれます。

なんか梅干しというか、すっぱいをヨイショする感じになってしまいましたが、
とにかく梅干しはよく食べてますよ、というだけの情報をお伝えしました。

「今日は奮発して梅干しだ!」
とは、思わないですけど、
「冷蔵庫に梅干しあったな」
「梅干しあるから、おかずなくてもいっか。」
という安心感が梅干しにはあります。
良き国民食だと思います。

因みに「王様はロバ」という漫画で、「梅干しを見ると酸っぱい唾が出るから、それをオカズにご飯を食べる」という話があって、
「生活に困ったらこれやろう!」って思ってました。

まだ、そこまでの事態にはなったことはありませんが、
もし、僕が梅干しを見つめながらご飯を食べてることをブログなりTwitterなりで書いていたら、
課金するとおかずが豪華になるゲームだと思って、
何らかの方法で課金して貰えると助かります。

以上、長々ありがとうございました。
クレームがありましたら、発案者の竹内尚文くんまでお願いいたします。
author:森の太郎, category:もりたろ日記, 23:07
comments(1), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:07
-, -, - -
Comment
たろさん、こんばんは☆
梅干しでよくぞここまで笑
おつかれさまでしたw
ちなみに私は超にがいが一番嫌だな〜って思います。辛いのは割りと大丈夫なんですよね、個人的にですけど。
次はどんなお題で書くのか楽しみにしてますよー(*^^*)
りん, 2015/05/07 11:31 PM









Trackback
url: http://moritaro.jugem.jp/trackback/1919